2017年の総括

お久しぶりです。Twitterで某りeさんに「今年の総括やってくださいよ〜」とリプをいただき、久しぶりにここに戻ってまいりました。昔のブログを少し読み返して見たのですが、最初から最後まで文章めちゃくちゃで、何を書いているんだか分かりませんね。こんなブログを読んでいただいていたと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです(笑)
ところで、私が最後に総括を書いたのは2011年!6年前!りeさんよく覚えてたなあ。総括やってたことなんて私さえ忘れてましたよ(笑)
当時は、ほぼ全てのキンキさんの露出をチェックし、毎日のようにブログに感想を書いていたので、年末にその年の自分のブログを読み返して、「8月 光一さん韓国出張。手でハートマークを作るなど、大変に羽を伸ばされる」等、1年の出来事をまとめておりました。(この羽根を伸ばす云々は割とうまいこと書いたなと自負しております)
しかし今や、ブログはおろか、キンキさんの動向をチェックすることすらままならない、というのが正直なところです。さて、何をどうして総括しようかな?と考えましたが、特にいい案が思いつかなかったので、普通に今年の覚えていることを書きます。前置きが長くてごめんなさい(笑)

2017年印象的だった出来事。
銀魂
・つよしさんの突発性難聴
THE MUSIC DAY 光一さんのソロAnniversary
・僕らの勇気 未満都市
LOVE LOVE あいしてる
・20周年party
・SONGS
GYAO ←NEW!


2017年私の心がキンキさんにギュッと戻ったきっかけは、やはり銀魂でしょうか。前売りやらムビチケには無関心だったのですが、実際に映画を見たが最後、映画館のスクリーンを拝みました。ありがとうダーフク。つよしを特別扱いしてくれる人大好き。一生よろしくね!
つよ杉様の一挙手一投足、全てが完璧だったと確信しています。最優秀エロ部門でもいいです。20年つよしさんのファンをやってたことが誇らしかったです。あと足。

つよしさんの突発性難聴が最初に発表された音楽番組は、私の住む広島県では放送されていなかったため、事態は友人からのLINEで知りました。しかし、今思えば、限定された地域での放送だったとはいえ、光一さんの口から直接発表した事は良かったんじゃないかなと思います。WSの新聞報道で知るのって、不安が募るばかりなので。言わなければいけなかった光一さんはしんどかったかもしれませんが…。

その後、私が直接視聴出来たのが、ベストアーティストだったと思います。何を祈ってるのか分からないけど何かを祈りながら見ておりました。愛されるの時、光一さんがニコニコ笑っているのが印象的でした。後輩が一緒なので笑顔は不自然じゃないけれど、私の勝手なイメージで、光一さんはテンパってる時にニコニコ笑うイメージがあったので、私はもう何かに祈るしかなかった。何に祈ったのかは今でも分かりません。Anniversaryはとても良かったと思います。いろろられてました。(かわいい)

未満都市はご褒美のようなドラマでしたね。ストーリーはあんまり覚えてないなあ(笑) とりあえずつよしさんが枕を頭の上にのせて寝るという、まさかの枕との関係を持っていたのが可愛くて可愛くて何度も見ました。そのシーンで光一さんがつよしさんの腕を引っ張ってましたが、引っ張り方が優しすぎて泣けました。引っ張ったって取れないから大丈夫だよう(; ;) タクシーに乗り込むシーンで、光一さんがつよしさんの足の付け根を思いっきり掴んでいるという情報をTwitterで知った時は、KinKi Kids変わってないなーとしみじみしました。(?) ここらへんから、つよしさんの髪の毛の長さは麗しさの量だと思い始めました。

LOVE LOVEは、私が大好きな番組なので、復活してくれて嬉しかった、というだけです。ごめんなさい(笑)

とてもありがたいことに、partyは2日とも見ることが出来ました。開演前にBGMとして流れていた心夢君愛の「急がなくてもいいからゆっくり歩いて行きましょう」であっさり泣きました。情緒不安定。
2人の笑顔が見られた安心感の反面、つよしさんが、突発性難聴との付き合いが長くなる覚悟を作っていた事にも直面しました。とても悲しかった。絶対にすぐに良くなると信じていました。
それでもやはり2人はいつもの2人でした。しょうもない事でキャッキャしてとても可愛かった。光一さんがスクリーンに映るつよしさんに向かって言った「つよしくん、がんばろうねえ」は、これからの全てなのかもしれないですね。ビジネスパートーナーですから、つよしさんのハプニングが光一さんに影響するのは当然なのですが、あまりにも当たり前につよしさんを病気ごとまるっと受け入れて、一緒に歩いていくんだなと思わされました。別に、2人は今年からこんな関係になったわけじゃなくて、私が気づかないところで、いつの間にかこんな関係になっていて、それがわかりやすくこちらにも伝わってきたんだと思います。発病が分かってからpartyの日までは、何やらもう、つよしさん死んじゃうんじゃないかとさえ思うような日々でした(大げさだけど本当)が、この日を境に、少し空気が変わったように思います。

私の中で、空気が変わった第二弾はSONGS。Topaz Love爆誕である。硝子の少年たちが歌うTopaz Love。尊い。(出ました得意の尊い) 今になって、2人に「硝子の少年」という言葉をくださった山下達郎さんの偉大さを再確認しております。

あとはタイムリーなGYAO様のCM。朝の4時から抱き合うアラフォー男性のメイキングを流してくれためざまし様には、なんとお礼を申し上げれば良いか分かりません。私は、「光一さん自ら抱きしめに行ったくせに顔がひけてて可愛いなあ」と思っていたのですが、よく見たら勢いが凄すぎて顔と顔がぶつかった反動でひけてるように見えていただけでした。KinKi Kidsを甘く見てました。本気でごめんなさい。一番良い仕事をしたのは水晶だと思う。あの間は狙ってできるもんじゃありませんぜ。

GYAO様にハスハスしていたところで、yahooに掲載されたドーム公演後のつよしさんのインタビューで現状が少し見えました。甘くない。現実は全然甘くない。私は遠くからひっそり見守っているだけのしがないファンなのに、どうしようもなく悲しい。つよしさんは若い頃に別の病気もして、私たちの知らないところできっとたくさん辛い目にあってきて、それはおそらく光一さんも同じで、私の知らないKinKi Kidsがたくさんいるのだと思います。それでもまだ、私は可愛くてカッコよくて歌が上手くて尊いKinKi Kidsが見たい。もしかしたら、それはとても酷なことかもしれないけど、2人がKinKi Kidsを大切にしていく限り、KinKi Kidsを応援したいと思います。


うわーー長い!(笑)そしてこれは本当に2017年の総括なのだろうか。もしもここまで読んでくださった方がいたら、ありがとうございました。どうもお疲れ様でした!

ひとりごと

わっ ブログにアクセスするの8か月ぶりだ!引くわー。もうこのブログ消したらいいのにって思うけど、なんとなく消せずにおります。


きんき氏アカのツイッターもあまり見られていない……。情報化社会っていうけど、ある程度は自主的に動かないと、勝手には入ってこないですよねえ。うんうん。せめてブンブブーンが全国同時放送で、堂本兄弟みたいに見やすい時間だったらよかったんだけど、私のところは一週遅れの深夜なので、リアタイ視聴しないし、録画をマメに見る性格でもないので、どんどん遅れて行っております……。ジーザス。それでもきんき氏は相変わらず可愛いままだと聞いております。パンは太ったと聞いております。


DVDの予約はサクッとしたんですよ、珍しく!しかし、複雑な思いもじんわりと。年末に4日間だけ都会でコンサートして、夏頃そのDVD発売。シングル1枚、たまにアルバム。そうしたらまた年末が来て、夏になる。もう何年も、この繰り返しをしているだけの印象……。正直に言いすぎると、「やる気ある……?」って思ってしまうですよ……。以前のように、低燃費興奮しにくくなってしまった。(低燃費興奮って何) “繰り返してる”だけとは書いたけど、その内容はドーム公演だから、メチャスゲーレベルをルーティン化して保ち続けているって事ではあるんですけどね!


いやーいやーいやー!!!それでもきっと来年はツアーがあると信じているし、きんきさんは輝いていると信じております。きんきさん、もっと輝けるよ!!!!!!輝きが止まらないよ!!!!!!




なんか、もったいないよね。

思った事をダラダラと書くブログ

冬コン(ってわざわざ書かなくても冬コンしかない現実)の東京2デイズ取れましたフッフー!近頃は、隔年で東京公演に行くようになりました。今年は、行く年です^^ 偶然にも、12/30に渋谷で見たいライブがあったので、前ノリノリで東京へ行きますー!年末に1人で渋谷の街をうろつくぜ!(不安) 29日のCDJにオオカミが出る事が決まって青ざめましたが、それはさすがに諦めました。正しいよ、自分。


キンキさんのシングルも決まりましたね。ラジオで1回聞きましたが…うん…なんかぼんやりしてるな…(ごめん正直に書いた) だからといって、今のキンキにどんな曲を歌って欲しいのかイメージがわかない。うーんうーん。世間体とか無視した、トリャーーー!って作った合作とかが良いかなぁ。なんか元気な曲の方がいいかな。
3形態もあるのかー、どれがいいのか分からないよ!でもまぁ、DVD見ないし、もう通常版だけでいいや!と思ってCD屋さんで予約したら「通常版…でいいんですか!?」って言われました。なにそのリアクションwww別にえーやないか!


それにしてもシングル久しぶりだよね?と思ってジャニーズネットで確認。丁度1年ぶりか…1年に1枚ペースか…と思ったけど、2010年のfamily以降はずっと年1枚か。そっか。そんなもんか。今年はアルバムもないし、コンサートはどんな感じになるんですかねぇ。


あっそういえば、今年はカウコン中継あるらしいですね!?キンキさん、ある意味もってますなぁwww逆に愛しいわチクショウ!でも、今になって思えば、去年は31日公演がなかったり、いきなりカウコン中継が無くなったり、なんか…変?


ついでにもう一個、どうでもいい話。私ツイッターでキンキのアカウントとは別に、オオカミの話をしているアカウントがあるんですが、そのアカウントでオオカミが出演したテレビの感想をつぶやいてたら「すごい観察力www」って笑われまして、このブログをせっせと更新してたときにも、似たような事をちょくちょく言っていただいてた事を思い出して、恥ずかしくなりました…wwwそういって頂けるのは、ほんっっっとに嬉しいし、感想書いて良かった!また書こう!って思うんですけど、私は常々、好きな人を変な目で見てるんだなって思いまして、今後もどんどん変な目で見てやろうと誓いました!以上!

キュウソを聞くようになりました。

某私のすきなはてダのおねいさんが、広島方面ごにょごにょって書いてらして、!?わたしのこと!?ってなった。なぜ広島とご存知!?私そんな広島アピールしたっけ!?と思ったけど、してたかもしれない。私の事じゃなかったら恥ずかしいので自分のブログに書きました。すいません。笑
で、↓が書きたかったので出てきました。音楽の話。




キュウソを聞くようになりました。↓買った。ウィークリー4位おめでとうございます!



半年くらい前、キュウソの存在を何となく知ってるくらいのレベルとの時に、ネットのコラムみたいなものにキュウソの事が書いてあるのを偶然見ました。そのコラムは、最近はこんな歌詞が若者に受けてしまうんですね〜という様な内容で、まぁ多少バカにしたような内容だったんですけど、私もそれを見て「こーいう歌を聞く人の気が知れんわbyジャニオタ」って思った(ごめんなさい)んですけど…人生なにが起こるかわかりませんね。
それと、これまた半年くらい前に、ネットでキュウソが某バンドの曲をコピーしているのを、これまた偶然見ました。その時は「この人へったくそだなーbyジャニオタ」って思った(本当にごめんなさい新譜買ったから許して)んですけど…人生なにが起こるか。


狼のせいで、今年の春からCSでフェスの映像を沢山見るようになって、その中にキュウソが良く出ていました。最初は全然気にしてなかったんですけど、METROCKで“何も無い休日”をすごい目で歌ってるセイヤくんを見て「・・・?????」ってなったのがきっかけかもしれない。暗い。歌詞↓


http://j-lyric.net/artist/a058de3/l031aff.html


この曲を聞いて、セイヤくんはリア充じゃないの?と思って色々調べたら、暗いコミュ障のツイ廃でした。(失礼)あと、居酒屋で酒飲みながら「帰りでぇぇぇぇぇえぇぇぇ!(帰りたい)」って絶叫してて、ジャニオタが持ってたぼんやりとしたロックミュージシャンのイメージを簡単に壊してくれました。でもツイッターも面白いです。関西人だしね。
他にも気になった事があって、ハッピーポンコツという曲の中に「友達だけれど保護者みたいな友達に恵まれ」という歌詞があって(とんでもない歌詞ですな)、「ひとつの文章の中に、同じ言葉(友達)が2回も出てくるの変じゃない??」って思ってたら、ビビったという曲の中に「レコード聞いてる俺カッケーとかそのへん俺もうなんでもいい」という歌詞が出てきて、「また同じ言葉繰り返してる!!!」って笑った。でもなんか、早口で“俺”を2回歌ってるあたり、ほんとになんでもよさそうだなーと思ったら、この歌詞もありだなと思い始めました。狙いなのか偶然なのか適当な感じなのか、本当の所は私にはまったく分かりません。笑
先日、タモステ初出演を果たされまして。なんだか私その時ちょっと元気無かったんですけど、セイヤくんとヨコタさんが、楽器を置いて、すごくいい笑顔で「生きるうえで必要もないのに僕ら楽しそうに踊る」って歌いながら踊ってるのみて、うっかり笑ってしまって元気になりました。笑


歌ってる時の、セイヤくんの目が好きです。別に濁ってるわけじゃなんだけど(笑)いやむしろ澄んでるようにさえ見えるんだけど、なんというか…何かに絶望してるような…もしくは、ムカついている何かと、絶望している自分を客観的に睨んでいるというか…うまく言えないですけど。なんだろうな、暗いのかな。(失礼その2)
先日、ライブも行って来たんですけど、猛烈に楽しかったです。人の上を歩くセイヤくん最高でした。全精力出してやってる感、カッコいいです。力一杯ギターを弾く姿も好きです。あと、元気。超元気。なのに暗い。すごい人だと思います。
こんな感じでセイヤくんばっかり見ていたんですけど、最近ヨコタさんの可愛さに気付き始めました。彼、優しいですよね。


雑な最近の私の音楽事情でした。以上です。

HEY!HEY!NEO!

今から、どうでもいい事を書きます。
\(私ツイッター向いてない気がする)/
見てるとメチャンコ楽しいんだけどなー。私文章長いんです。まとめるの下手なんです。ブログ文化ってまだ息してるんでしょうか。ほとんど見る事無くなっちゃいましたけど。ツイッターって凄いですねえ。


で、急にここに出て来た理由ですが、オオカミがね!(またこの話ですごめんなさい)ヘイヘイヘイに出たんですワーーー!金曜夜にスピンオフという形でひっそりヘイヘイヘイが復活してたんです。“若手アーティスト×ダウンタウン”がコンセプトだったんですけど、オオカミって若手です??若手って歳の話じゃなくて?ジーザス、オオカミに年齢ごじゃいません。


自分にとって、はまってから初めての地上派オオカミだったので、謎に縦揺れしながら見てしまって疲れた。すごい疲れた。でも最高でした。まさかの整形済みで、ジャンケンちゃんの目が恐くて恐くてたまらなかった。でも可愛かった。だってオオカミが!お行儀よく椅子に座ってる!キュウソの時、タナパイがスタッフさんにコロコロで抜け毛の掃除されてる!


リブちゃんの可愛いアピールタイムがあったのも良かったです。ドツク田中パイセンも良かったです。私、ああいう事するめんどくさいタナパイが好き。松本さんが普通に「リブちゃん」って呼んでくれたのも、まるっとまとめて可愛いかったね。そして、後列のビックリポーズ3兄弟はせこい。あれは良い映像。


ジャンケンちゃんの目は恐いけど、狼と人間の境目を聞かれて、なぜかカメラ目線で回答をジッ…と考え始めた姿はね、うん、可愛いと思った。胸に手をあてて考え…あ、もしかしてそこ?境目そこ?ピンマイクを触っちゃうあたり、まだまだだね!フフン!


最後の「干支?」は何回見返しても激笑い出来て大好きです。直前までは落ち着いて、ジャンケンちゃんにしては低い声で喋ってたのに、いきなり「干支?」で声が高くなるの反則><ギィーーーー!!!!
とは言っても、やっぱりジャンケンちゃんはすごいなと思いました。ダウンタウンに挟まれて、一匹で喋らないといけないのに、ずっと落ち着いて喋ってたもんなー。手が微妙にぷるぷるしてたから、緊張はしてたのかもしれないけど。笑 お疲れさまでした!
あ、曲の感想書いてない。まあいつもの事です…。すいませんカッコいいしか言えないんだもの…。


すごく余談ですが、収録後に世を忍ぶ仮の姿でダウンタウンの楽屋に挨拶に行って「リブちゃんどれや?」「はい私です」「おっ○んやないか!」ってつっこみを受ける所を想像して、自家発電で興奮する私でした。

SDSツアー 5/20広島

(ハイクから転記)

今年の2月にMAN WITH A MISSIONにはまりました。(前置き)

せっかく地元でライブがあるのに、まともにチケ争奪戦に参加できていなくて、完全に諦めて、ツイッターでぼやいていたのですが、なんと、そんな私を見つけて下さった(大阪在住の)神様が奇跡の登場。譲っていただいて…入ってきたんですよ……!!!!ギャー……。

ライブ前日の夕方に決まったもんで、上司に「明日、午後休を下さい(泣)」って言ったらなぜか半笑いで良いよって言ってくれたのはなんだったんだろう。なんか悟っていただいたかな?(笑)

ライブは、そりゃもう最高でした…世の中にこんな最高があるのかと思うくらいに最高でした…どの曲がよかったかって、もう全部ですよ全部!!なんであんなにカッコいい曲しかないのよ狼…恐ろしい…

もちろん5匹とも大好きなんですが、特にジャンケン推しなので、上手のジャンケン真っ正面(もちろん安全地帯)に居たんですが、タナパイがお立ち台に上がった瞬間、タナパイの迫力に、こう…やられました… (「゚Д゚)「あの迫力とカッコよさにやられない人はおかしい!!!(偏見なう!!!)

タナパイは結構、内蔵が気になる(白い歯が輝いてたまらないね)んだけどジャンケンちゃんは、上の顔ばっかり見てたよ、私…。なんだろう…私ってジャンケンちゃんの顔担なんだろうか……(笑)こんだけ言うといてアレですが、次はボイさん側でも入りたい。リブちゃんはあんまり見えなかったけど、可愛さが止まらなかった。サンちゃんは、遠くからみたら太鼓叩いてるみたいだった(笑)サンちゃんが煽りにきてくれると、やっぱりテンションあがるね!ダイブはしてなかったかな?多分。ウェダさまもちょっとだけ見えました♡いつか、もっと近くで見てみたいと思うんだけど、フロント3人の笑顔とか見えちゃった日には、気がおかしくなりそうです…。

とにかく、本当に最高でしたMAN WITH A MISSION!!!!!

舞台色々

なんかご縁続きで、色々と触れてきました。こんなハイペースで色々見たのは初めてです。良い月でした(笑)

■2015/4/2 結びの庭
岩松了さん作演出。宮藤官九郎さんと麻生久美子さんが夫婦役。とある男性の死に麻生さん演じる女性が犯人ではないか?という容疑がかかっている事が根底にあり、ストーリーが進んでいく舞台です。
あの、噂には聞いていたんですけど、岩松作品ちょっと難しいわぁ(笑)あと、約2時間半休憩なしは長いよ〜。今、このブログを書いてて、テキトー人間が観に行ってて、なんかすみませんって反省しました(笑)
サスペンスなんですけど、所々笑いも含まれてます。あっここで笑い入れるのね!?って何回か思ったりもしましたけど、その笑いが後々効いてきたりと、ゾワっとする事も多々。麻生さん綺麗で可愛いのに、恐いんですよ!すごく!あの役は本当に麻生さんがピッタリはまり役だったんだと思います。岩松さんは出演もされているんですが、岩松さんと麻生さん2人のシーンでは、時効警察を思い出さずにいられなくてニヤニヤした。こりゃチケット運の話ですが、ちょっと席が遠かったので、表情が分からなかったのがもったいなかったです。


■2015/4/28 劇団四季 美女と野獣
劇団四季はいつか見てみたいと思ってはいたものの、ディズニーにあまり興味がなく、そもそも美女と野獣の話を知らないという、自分でも驚きの状況。しかし、それが逆に良かったといいますか、全てが初めてと驚きに包まれて、大変感動して帰って参りました!ビシッ!
とにかく、お金かかってるわー!派手だわー!が続く。でも、それだけでも見に行く価値があるのではないかと思います。それと、私の少ないディズニー知識ではありますが、ディズニーアニメ特有のあの動き(言葉で説明できない…)が完璧に再現されていて驚きました。それと同時に、劇団四季のステージでプリンセス役を演じるって、どんな気持ちなんだろう…と役者人生を考えてました(笑)
野獣は醜い容姿で、みんなに恐れられる運命ではありますが、なんとも愛嬌があって可愛い!このキャラはアニメでもそうなのかな?全く、もって憎めないです。憎めなさすぎて、人間の姿に戻った時、若干残念に感じるレベルですよ(笑) あと、最近オオカミバンドにハマってる私としては、頭は野獣・体は人間に近い姿にニヤニヤと…ああ、また反省しましたスイマセン…(笑)
大変感動した本編後、終わらないカーテンコールは、劇団四季名物…?(笑)数えきれないくらいの回数やってましたが、あれは完全に役者さん大変デショー!そこまで観客を楽しませてくれるのね、さすがだわ。
終演後、次回公演も絶対に見たい!むしろ明日また見たい!!と猛烈に思いました。私みたいに、劇団四季1回見てみたいなーって思っているかたは、ぜひ行動に移すべし!ミュージカル苦手…とか言ってる隙もないくらいです。


■2015/4/30 趣味の部屋
これですね、奇跡です。全国ツアーと銘打っているものに華麗にスルーされる事でおなじみの政令指定都市広島市!それがなんと、まさかの千秋楽という大役を担ったのです!まさか、人生初の千秋楽公演を広島で観劇するとは思いませんでした。主演は中井貴一さん。そして、我らが戸次のシゲさま!ヒューーーー!所詮ファンが観てるので、感想は甘々ですが、ほんっっとに楽しかった!まさにサスペンスコメディ。コメディシーンも本当に楽しかったのですが、広島では初公演のせいか、妙にお客さんの笑いが大きかったような気がしました。
39STEPSの渡部篤郎さんを観た時も感じた事ではありますが、貴一さん凄まじいですね。声はどーやったって我らがシゲさんがデカイデカイ(笑)し、表情もデカイ!けど、貴一さんの座長としての存在感と演技はさすがだね…と思わされました。すっごいカッコいいし(笑)
シゲさんは体調悪かったみたいですが、全然感じさせない良い笑顔でした><有り難い事に、肉眼で表情が見えるお席だったので、穴明けてやろうと思うくらいガン見してやりましたぜ!
終盤に近いシーン、貴一さんがふざけすぎて、川平さんが後ろ向いて笑い始めたり、シゲちゃんが途中で水飲んだりして、貴一さんが「お前ら!ここは休憩時間じゃないぞ!」って怒っていたけど、明らかに犯人は貴一さんあなたです(笑)いやー、こういうアドリブいいですよね。舞台観てるわーって楽しくなっちゃう(笑)
本編終了後、貴一さんの声で「千秋楽ということで、趣味の部屋なりのカーテンコールを行いたいと思います。なお、カーテンコールのカーテンコールはございませんので、速やかにお帰りください」という影アナが入る。何をすんのかと思ったら、大量の紙吹雪を浴び、金テープを飛ばしながら、なぜか全力で踊るおじさま4人+原幹恵さんwwwwどーしたのwwww や、もうみんなキレッキレの素敵な笑顔でした。コンサート来たかなって錯覚せざるを得ない。千秋楽に乾杯!!ありがとうございました!!って叫びたくなるほど楽しかったです!


以上!